AWAJI

学資保険を考える

学資保険のおすすめの金額

2020-01-25

子どもがいると、教育のための資金が必要となってきます。その準備のために学資保険に入りたいというケースはよくありますが、妥当な保険額や満期金額が分からないということも考えられます。そんなときには、どれくらいが妥当な金額か、どうやって決めたら良いのかを知ることで、子どもの進学費用を工面できるようになります。

子どもの進学費用

子どもの学費保険を設定するためには、子どもの進学費用はどれぐらいかをまず知る必要があります。一般的に子どもが幼稚園から大学まで全て公立の学校に進学したとしても1000万円以上の学費が必要なことがわかっています。

特に子どもの進学費用として占める割合が大きいのが、大学教育を受けるための資金です。授業料や入学金、受験料など、学費だけでも高くなるうえに、家から通えない大学に進学したいというときには一人暮らしのための資金、生活費なども必要となってきます。

どんなに子どもが勉強をしたとしても、学費がなければ入学することは難しくなってしまいます。子どもの夢を叶えるためにも、あらかじめ資金を用意しておくことが大切です。

学資保険は大学費用のために

幼稚園から高校までの学費のほとんどは日常の家計の中から支出ができる範囲の金額であることが多いです。

そのため、備えが必要となるのが大学の費用となる資金で、大学費用を賄うために学資保険の契約をするケースが多いとされています。大学は、国公立大学に行くか、私立の文系・理系に行くかによって必要な費用が大きく異なるため、計画的に資金を用意しておくということが大切です。

学資保険の保険額を設定する場合、一般的には200万円〜300万円に設定するケースが多いとされています。

これは大学進学の費用と、大学卒業まで払い込む保険料が一致する金額であるためです。月々の掛け金としては、1万円〜2万円に設定されていることが多く、家計に無理なく払い続けられる無難な金額と言えます。月々の掛け金によって積み立てられる金額は大きく異なってきます。

できるだけ少ない掛け金で、学資保険を積み立てたいという場合には、子どもが小さいうちから積み立て始めることがおすすめです。また、学資保険を選ぶ場合には、特約などを比較してから自分にあったものを選ぶことが大切となります。

子どもを安心して進学させるには

学資保険を利用することで、安心して子どもの大学進学を支援することができるようになります。しかし、無理に保険料を捻出すると日々の生活に負担になってしまうこともあります。そのため、保険料をいくら払うかは、家計を圧迫しない金額であることが重要です。

決め方が分からないという場合には、保険相談サービスに相談してみるというのもおすすめです。

詳細-加入者が語る!学資保険のメリット・デメリット - 学資保険価格https://if-gakushihoken.com/